Diary

HomeDiary

「受け継ぐ」と「引き継ぐ」は言葉としては似たり寄ったりです。

まあ、日常でどっちを使っても「あいつ馬鹿?」とはなりません。

だいたい、言葉で指摘されたら「うちの田舎の方言です」といえば9割許されます。

 

「引き継ぐ」は先人から継いで後に渡すことが前提、

「受け継ぐ」は先人から継いで自分の中で成熟させる、そんなイメージで使い分けることがあります。

仕事は「引き継ぐ」し、伝統は「受け継ぐ」で微妙に違うように。

 

「引き継いだ」ことは割とそのままな形で淡々と残る。

「受け継いだ」ことは継いだ人の力や知恵が加わって、変化する。

要は余白があるかないか。

「秘伝の技を引き継いだ」っていうと生意気だけど

「秘伝の技を受け継いだ」っていうと、これからも頑張れ!と思いません?

 

受け継いで先人の形を変えずに守ることも、継いだ人間の努力なので、一見変化はしていなくとも

確実に「継いだ人」が加わっているから変化している、はず。

 

おしまい。