Diary

HomeDiaryジュエルオーキッドの育て方

ジュエルオーキッドの育て方

ジュエルオーキッド

学名Macodes petla など

科名 ラン科 マコデス属

原産地 東南アジア

 

葉を楽しむランを総称してジュエルオーキッドと言います。

ジュエルオーキッドと呼ばれるものには、代表的なマコデス属のほかに、

ドッシニア属やアネクトキルス属などもあります。

 

様々な品種があり、入手が難しいものもありますが、

マコデス・ペトラという品種は流通量が多くあります。

日本では江戸時代中後期より、葉の美しさ、

「葉芸」を楽しんでおり今でも伝統園芸として深く愛されています

 

 

・置き場所

熱帯雨林の中が原産地になります。通年を通して直射日光ではなく

、高温多湿で適度に明るい場所を好み,

約15度ぐらいに保たれているのが理想的です。

冬は寒さが非常に苦手なので、暖かさを保ってください。

 

 

 

・水やり

多湿が好きなので、水苔に水をたっぷり含ませてください。

夏場は乾燥しないように、たっぷりと水をやってください。

冬場は水苔が乾いてから水をやるようにしてください。

 

 

・株分け

子株が出て来たら、その子株を切り離してください。子

株分けしたものは植え替えと同じ方法で鉢植えにします。

 

・管理のコツ

夏場は水苔での栽培の場合は、カビに注意してください。

また環境によっては暖かくなるとハダニが発生することがあります。

風通しを良くして、病気、害虫に十分注意してください。

 

・ジュエルオーキッドの花

花はとても小さいです。

ラン特有の茎に節のある姿でまっすぐと立ち上がり、花芽がつくと結構早く開花します。

開花すると株の体力がなくなるため、調子を崩すことが多いそうなのでお気をつけください。

 

ジュエルオーキッドは園芸店のほか、熱帯魚店でも販売されています。

近年人気の高いアクアテラリウムでの利用が多いためです。

温度や湿度の管理がしやすいアクアテラリウムは、

熱帯性の植物やジュエルオーキッドを栽培しやすい環境です。